小学校の個人面談!質問はどうする?有意義に過ごす2つのポイント!




ママ
もう少しで小2の娘の個人面談!先生に何を聞こう…。

娘から個人面談のお便りを受け取りました。

 

『先生に何を聞こう…』

 

個人面談の時間は15分間。

この短い時間で先生にどんな質問をしようか?

そして、個人面談の時子供を見てくれる人がいなかった場合。

たった15分といっても個人面談の時に子供を一人にはしておけません。

 

『学校へ連れて行って良いのだろうか?』

 

個人面談に行く前から考えこんでしまった私です。

ここでは、そんな個人面談に子供を連れて行って良いか?

短い時間で子供について、何を話したらよいのか。

有意義な質問ができるよう考えてみました。

スポンサードリンク

個人面談の質問!優位意義に過ごすための2つのポイント

個人面談は短いです。

 

『先生に普段子供がどんな感じなのか?』

 

『勉強はちゃんとついていけているのか?』

 

『お友達とトラブルはないか?』

 

考えると色んな質問が頭に浮かびます。

しかし、何も考えずに個人面談にいくのはもったいないです。

そんな、個人面談を有意義な時間にするための2つのポイントをお伝えします。

個人面談の時の2つのポイント
①質問を2つくらいでやめる
②時間を気にして話す

①質問を2つくらいでやめる

個人面談は10分~15分と短いです。

沢山質問はあると思いますが、その中でも特に先生に聞きたい事を2つ考えておくと良いですね。

先生自身からも話があったり、思いついたことを質問していてはあっという間に時間が過ぎてしまいます。

1年生の個人面談の時、そんな感じで終わってしまった。

と言う失敗した経験からです。

②時間を気にして話す

『お友達のトラブル』

 

『勉強についていけない…。』

 

小学校へ通うとトラブルもあると思います。

 

込み入った話を一番聞きたいのは親としては本音。

 

しかし、込み入った話は10分~15分では話がまとまらないことが多い。

夢中になりすぎて時間オーバーとならないよう時間もチェックしなっくてはなりません。

自分の子供を見てもらっているからこそ、先生に毛嫌いされてはこれからの教育にも不利です。

もし、話がまとまらない場合は、また別の日にお願いして切り上げるのが良いですね。

続いて、個人面談に子供を連れていく場合です。

小学校の個人面談!子供も連れて行って大丈夫!?


ママ
小2の娘を1時間くらい一人でお留守番させるの不安。

たった15分の個人面談といっても学校の移動も考えると、1時間近くかかりそう…。

 

『子供を個人面談に連れて行って良いのだろうか?』

 

その日どうしても娘を見てくれる人がいなかったのです。

そんな場合は、

個人面談に子供を連れていく場合
①先生に前もって相談
②子供にも伝える
③子供と一緒に個人相談を受けるデメリット

①先生に前もって相談

前もって連絡帳に個人面談の時、子供が自宅で一人になることを先生に相談してみました。

そしたら、連れてきてもらってもよい。

ということになって、娘は他の教室で待っていてもらうことになりました。

②子供にも伝える

個人面談に一緒に行くことを娘にも伝えました。

『先生と話している間は別の部屋で本を読んでいてね』

そんな風に話して、本を持参させて先生と話している間は他の教室で待っていてもらいましたよ。

また、娘自身も子供ながらに、先生と何を話したのか気になるみたい。

終わったら、どんなことを先生と話したのか、言える範囲で話ました。

③子供と一緒個人相談を受けるデメリット

子供と一緒に個人面談を受ける場合。

お友達や勉強の話。

そんな本人の目の前で先生と話すのも聞きづらいものです。

先生自身もいいことばかりいう訳じゃなく、指摘されることだってあります。

子供自身がショックを受けるというデメリットが…。

そして、先生によって本人が目の前だと、話ずらいこともあるかもしれません。

小学2年生!娘の個人面談

小2の娘、小学校へ入って2回目の個人面談を迎えました。

教室へ入ると…。

先生
お忙しい中お時間を作って頂いてありがとうございます。
豆子ママ
今日は、宜しくお願い致します。

小学2年生が使う小さなイスに座って、先生と1対1の個人面談。

 

『緊張するなぁ~』

 

やっぱり先生と1対1で話す事は苦手で緊張してしまう私です。

先生
○○さんはお家ではどんな感じですか?

 

いきなり先生からの質問!?

 

豆子ママ
家ではうるさいくらいです。娘は学校でどんな感じなんでしょうか?

自宅ではうるさいくらい元気なのに、学校では内向的と先生は教えてくれます。

その他学校の様子や、勉強についても先生から教えてもらいました。

先生
お友達関係では問題ないと思いますが…お勉強…特に算数の方が…。

先生からは、やっぱり良い話ばかりではなく、悪いことも言われてます。

私が今回聞きたかった質問は、

『娘の学校の様子』

『勉強についていけているか?』

2つに絞って先生に質問しました。

ーーーーーーーーー15分経過ーーーーーーーーー

豆子ママ
そろそろ時間ですよね。今日はありがとうございました。
先生
こちらこそ、お忙し中ありがとうございました。また、何かありましたら、連絡いただけると助かります。

 

話しやすい先生で良かった~(笑)

 

子供のことを聞くにも

『子供は学校で大丈夫なのだろうか?』

など色々不安もありましたが、先生の話が聞けて安心できた個人面談でした。

最後に

個人面談についていかがでしたか?

娘が1年生の時の個人面談はただ思いついた質問をしていたので、聞きたいことがあまり聞けずに終わってしまいました。

2年生になってからは、そうならないように本当に聞きたい質問を2つ考えていくとスッキリした気分で終わることができました。

担任の先生によって、違うとは思いますが先生と今後につながる有意義な時間を過ごせると良いですね。