学童の夏休み!その過ごし方は?イベントや工作はあるの?大変なお弁当をどう乗り切る!?




ママ
もうすぐ娘が夏休み!仕事だし今年も学童に行ってもらわなきゃ!

もともと普段から学童へ通っている娘。

 

夏休み期間だって親の仕事は通常です。

 

ということもあり、夏休み期間も学童へ行ってもらわないといけません。

 

「あぁ~お弁当を毎日作る時期がやってきた…」

 

旦那のお弁当なら簡単でいいけど、娘のとなると結構考てしまいます(笑)

朝の貴重な時間に娘のお弁当がプラスされ気が重たい…。

そんな、我が娘が通う学童の夏休みは結構ありがたいんです。

それは、イベントを開催してくれるから。

工作だったり、面白い実験などもやっていましたよ。

そんな夏休みの学童についてお伝え致します。

良かったら参考にしてください!

スポンサードリンク

学童の夏休み!その過ごし方は?

ママ
夏休み期間、学童ってどんなことやっているのかな?

夏休み期間学童の1日はこんな感じでした。

【夏休み期間学童の1日】

受け入れ出来る曜日:月~土

7:30~8:30  受け入れ

8:30~9:30         勉強

9:30~11:45     自由時間・イベント

11:45~12:00 昼食準備

12:00~13:00 昼食・歯磨きタイム

13:00~14:00 休憩時間

14:00~15:00 自由時間

15:00~15:30 おやつ

15:30~18:00 自由時間

娘が通う学童は朝早くから受け入れをしてくれています。

これには本当に大助かり!

学童によっては夏休み期間だけ、8:00や8:30という所もあると聞きます。

受け入れ時間が遅いのは、働くママにとっては悩みの1つになるのでは!?

と感じてしまいます。

保育園の時は早朝や延長保育で良かったものの、学童に入ると一気に見てもらえる時間がせばまった。

という他校のママから悩みも聞いたこともあります。

また、土曜日もしていない所もあるとか…。

学童の夏休みのイベントは?子供が喜ぶ工作も!!

ママ
夏休み期間、学童で毎日同じ所で過ごして大丈夫かな?

同じ場所にいてあきないだろうか…。

娘が1年生の頃そんな心配もしていました。

幼児とは違って体も大きくなっているし、行動も活発に…。

 

同じ部屋に1日中いて大丈夫だろうか?

 

そんな心配をしていたら、学童の先生たちがイベントを開催してくれていました。

学童の夏休みはイベントは?

学童の夏休み普段はしない、イベントをしてくれます。

昨年の様子は…。

・万華鏡作り
・ブラックライトを使った実験
・バスに乗ってプール
・お楽しみお弁当2回

 

・万華鏡作り
万華鏡キットを使って万華鏡作りをしていました。

自分なりに工夫して作っていましたよ。

・ブラックライトを使った実感
○○施設から講師がやってきて、ブラックライトを使った実験をしました。

様子は見ていないけど、娘は面白かったと言っていました。

・バスに乗ってプール
近くのレジャープールに泳ぎにいっていました。

お友達も一緒だから喜んでいましたよ。

・お楽しみ弁当
学童でお昼を用意してくれるんです!

これには大助かり^^;

夏休み期間イベント以外にも楽しめる?

やっぱり同じ所いては飽きる…。

とうこともあってか学童の先生達は色んな事を考えてくれています。

・大部屋で遊ぶ
・通常の工作もある


・大部屋で遊ぶ

施設ないの別部屋で大きな部屋があるので、そこで縄跳びや運動などをしていました。

汗びっしょりになるので、洗濯も沢山でしたけどね…(汗)

・通常の工作もある

普段から学童では出来る工作があります。

お菓子の箱やビニールテープなどを使った創作工作。

折り紙・アイロンビーズ・プラバンなどなど…。

子供達が楽しむために先生達も色々考えていてくれます。

ありがたいです。

大変なお弁当は?どう乗り切る!?

ママ
娘のお弁当どうしよーーー!!

仕事の準備、娘の準備、旦那のお弁当、娘のお弁当、朝ごはん。

これを朝からするとなると、考えただけでも気が重たい(笑)

特に、娘のお弁当が問題!

お弁当に卵焼き入れてね!

注文までしてくる娘に私は朝何時に起きるべき!?

と頭を悩ませる私。
(働いているママは皆同じだと思いますが…)

昨年のお弁当作りにフル活用したのが

・抜き型・パンチ
・可愛いピッグ

これよく使いましたね~♪
(王道の王道だけど…)

ハムとかチーズとか型取るだけでいいし楽でした。

今年もお弁当作り始まりますね!
↓   ↓   ↓

 

最後に

普段は、数時間しかいない学童。

夏休みになると1日いることになります。

それもほぼ毎日。

え~今日も学童!!

そんな風に言う日も、もちろんありました。

そんな時は気分転換に、おばあちゃん家に行てもらったりしたことも…。

夏休みという長い期間だからこそ、上手に過ごせると良いですね。