同居の祖母が嫌い?孫への過干渉、過保護、おせっかいへのイライラ対処法4つ!




豆子
お祖母ちゃんそんなに色々聞かないで~(泣)

祖母に友達と出かけると伝えると、

 

『誰といくの?』

 

『何でいくの?』

 

『いつ帰ってくるの?』

 

など色々聞いてくるお祖母ちゃん。

 

その時はまるで警察の職務質問にでもあっているかのよう!

 

『心配しなくてもちゃんと帰ってくるから!』

それだけ伝えるものの。

祖母は納得していない様子。

そんな風に祖母と同居している孫であれば、祖母のそんな過干渉・過保護・おせっかい。

などに、1回くらいはあったことがあるのではないでしょうか?

 

『なぜ?こんなに聞きたがるのだろう?』

 

と感じますが、お祖母ちゃんの状況を考えみる色々わかるものがあります。

 

しかし、孫にとっては毎回そんなに聞かないで~。

 

と叫びたくなりますよね(笑)

ここでは、そんなお祖母ちゃんに対してのストレスを少しでも軽減させるための心の捉え方を4つお伝え致します。

良かったら読んでくださいね。

最初はどんな祖母に孫はイライラしてしまうのでしょうか!?

スポンサードリンク

孫からみた祖母!こんな行動にイライラ!?


一緒に暮らしていると色々あります。

それは、両親や兄弟ですらあるのですから…。

夫婦だって色々ありますよね。

そんな祖母にイライラを募らせるその原因はで良く聞く話が…。

①祖母が孫に過干渉すぎる
②祖母の余計なおせっかい
③祖母の過保護
④暗い話・噂話が多い

①祖母が孫に過干渉すぎる

何をするにも、

『今日の学校はどうだった?』

 

『誰とでかけると?』

 

『車でいくの?電車でいくの?』

 

『○○ちゃんと遊ぶのかい?』

 

『旅行は何時にでていくの?』

 

とにかく、何をするにもすべて質問。

『友達と出かけるから今日はいないよ』

の一言で完結することは少ない。

②祖母の余計なおせっかい

『髪が長くなってきたね切ったほうがいいよ』

 

『半袖なんて寒いから長袖きていきなさい』

 

若者と年寄りは違うんじゃ!

 

と言いたくなるくらい、自分の価値観から物事を言う祖母。

そんな、祖母に孫自身イラっとしてしまうことも…。

③祖母の過保護

『○○(孫)が帰ってくるまで心配で眠れなかった』

 

『何で、スグに帰ってこないの!?』

 

孫といっても、もうりっぱな大人です!

 

それなのに、子供のように帰りの心配。

 

親もそこまで言わないのに、なぜ祖母が…。

 

または、帰ってくるまで夜遅くまで待っている。

などすると、ちょっとやりすぎ!?

と感じてしまいます。

④暗い話・噂話が多い

『友達の死、お葬式の話。』

『夜が眠れない・病気の話』

『○○さんはいつも帰りが遅い。夜遅くまで電気がついている』

 

歳も歳なのか暗い話や噂話が中心の祖母。

 

祖母の話を聞いているとだんだん孫の方としても心が苦しくなってきます。

そんな、祖母のイライラ解消するための心の対処法4つをお伝えします。

祖母の過干渉、過保護、おせっかいの心の対処法4つ!


祖母と同居をしていてもイライラは完全に抑えられません。

しかし、少しでも軽減できるイライラの対処法4つお伝え致します。

①イライラする自分を許す

祖母にイライラする。

 

『嫌な私』

 

『お年寄りに優しくできない自分が嫌い』

 

そんな自分が嫌で自己嫌悪に陥ることがあります。

しかし、一緒に住んでいれば何かしらあります。

まずは、そんな祖母を許せない自分を許すことです。

それが出来るだけでも、自分で自分を責めなくなりますよ。

②イライラから離れる

毎日のことだから、イライラが募る。

イライラはするのですが、そのイライラを出来る限り早く手放すことをすると、気持ち的に楽になります。

いつまでも祖母の出来事を考え続けると、怒りも倍増してしまう。

感情的になっている時はわかりませんが、その状態でいることはあなたにとって何の得にもなりません。

むしろ、イライラして嫌な気分になるから損ですよね…。

そういった怒りを手放して、友達との予定や楽しみにしているドラマなど自分が楽しいと感じる出来事にシフトしましょう。

③友達と遊ぶ

ストレス発散はやっぱり友達や好きな人と一緒にいる時が一番楽しいです。

息抜きをしてその時は全力で楽しみましょう。

④時には人に話す

ネガティブなことなので、話す人を選ぶ必要がありますが、どうしてもつらい時は時には人に聞いてもらうのも一つの手です。

話を聞いてもらった後はお礼も忘れずに。

そんな祖母ですが、その置かれている環境や状況を考えるとイライラがなくなるかもしれません。

対処法4つをお伝えした所で、もう少し祖母のストレスを軽減させる話をお伝えします。

人の一生は最後は最初に戻る


私は介護士をして10年が経ちます。

そんな中で学んだことがあります。

 

それは、人の一生は最後は最初に戻る。

 

ということです。

赤ちゃんで生まれて何もできないから両親からお世話をされます。

排泄もオムツですよね。

お年寄りになると皆が皆じゃないですが、やっぱりオムツをします。

つまり、お年寄りになるということは、子供の頃と同じで手がかかる状態に戻る。

ということなのです。

つまり、大人なのですが、どこかで子供のような感じになってしまいます。

 

『寂しい、かまってもらいたい』

 

という感情も色んなおじいちゃん・おばあちゃんを見ていると強い。

それは、大切な友達や家族が先だって自分が取り残されていく…。

という環境にもあるからです。

『死』が身近に感じれるからこそ、そういった感情は強いようです。

 

『嫌味を言う=自分のことを見て欲しい・寂しい』という表れでもあるかもしれません。

 

寂しいという表現を嫌味で祖母は返しているのだと感じます。

最後に

豆子
同居していると色々ある!

同居していると、祖母だけじゃなくて、色んな人とぶつかります。

それは、両親だったり、兄妹だったり…。

いいことだけだったらいいけど、そうじゃない時もある。

一緒に暮らしているからこそ起こる出来事です。

だから、何もない方のほうが珍しいのかもしれませんね(汗)

しかし、いつまでもそのイライラと付き合っていては、あなた自身が不幸になってしまいます。

少しでも楽しくなるように、イライラを出来るだけ早く手放すことから始めてみてください。