大石寺の桜2018開花情報!見頃はいつ?混雑しない穴場スポット!?




桜の時期がやってきましてね^^

『今年は大石寺の桜を見に行こう~♪』

そんなあなたに是非見て頂きたい情報です。

大石寺の桜は広大な敷地に約5000本もの桜が見られます。

 

富士山、大石寺、桜とまさに絵にかいたような光景に驚くはず!

 

そして、出迎えてくれるのが枝垂れ桜です。

この景色は他では見ることのできない、なんとも言えない雰囲気と風情があります。

一度みたら、『もう一度来たい!!』

と思う桜の名所のこと間違いありません。

それでは、そんな大石寺の桜の基本情報から見ていきましょう~!

スポンサードリンク

大石寺の桜2018基本情報

🔶名称  大石寺

🔶見頃 2018年3月下旬から4月上旬

🔶場所 〒418-0116  静岡県富士宮市上条2057

🔶アクセス
<公共機関でのお越しの方>JR身延線富士宮駅から富士急静岡バス上条行きで35分、大石寺入口下車、または大石寺前行きで30分、終点下車、徒歩10分

<車でのお越しの方>
東名高速道路富士ICから西富士道路・国道139号を経由:国道469号を大石寺方面へ車で17km、
新東名高速道路新富士ICから西富士道路・国道139号を経由:国道469号を大石寺方面へ車で
15km。

🔶駐車場 無料駐車場あり(1500台)

🔶入場料:無料

🔶トイレの数 なし

🔶問い合わせ先 富士宮市役所 産業振興部 観光課 観光施設係

🔶公式サイトはコチラ

🔶地図

大石寺桜の見どころは?

ママ
江戸時代にタイムスリップしたような感覚になるほど、桜が大石寺に美しく溶け込んでいる映像にご注目ください!!

広大な敷地の中に、約5,000本のソメイヨシノと枝垂れ桜が咲き競っています。

#プチ花見#大石寺#富士宮

Takayukiさん(@ta614614)がシェアした投稿 –

境内の建物と、桜が溶け込み、富士山まで見えるので至極贅沢な景色ですよ。

大石寺の桜と富士山のコラボレーションは、まるで絵画の世界に飛び込んだような景色です。

あなたを時代劇の主人公にさせてくれる雰囲気さえ持っていますよ。

特に歴女の皆さんには、おすすめです。

石畳の両脇に流れる湧水の音がさらに風情を演出してくれ、あなたを穏やかな気持ちにせてくれるのは間違いありません。

大石寺桜周辺おすすめスポット3選

ママ
お花見もしたいけど、美味しいものも食べたいし、体も休めたいですよね?

そんな方に、花見会場近くの穴場スポット・おすすめスポット3選を紹介します。

1.いでぼく Green field 大地


絞りたてのミルクで作った、アイスクリームは来る人を唸らせます!

住所:〒418-0000  静岡県富士宮市北山4404-2井出牧場内
営業時間:10:00~17:00

2.古庵


香りと味を楽しんで、是非お蕎麦を召し上がってください。

住所:〒418-0111 静岡県富士宮市山宮2649-23
営業時間:11:30~14:30、17:00~20:00
定休日:月、火曜日

3.ごてんば市温泉会館


富士山を見ながらここで見る、夜景は最高です。

住所:〒412-0023  静岡県御殿場市深沢2160-1
営業時間:10:00~21:00
休館日:月曜日


大石寺花見の混雑状況とポイント情報

大石寺の境内には約5,000本の桜が咲き乱れ、あなたを歓迎してくれます。

特に枝垂れ桜は格別です。

 

三門や明鏡池周辺からの眺めは最高で、来る人を幸せな気分にさせてくれます。

大石寺では、土・日曜日は法事の為休業しており、毎年4月6日・7日に関しては、一般の花見客は進入禁止なのでご注意下さい。

ママ
満開時の混雑具合はどうなんだろう?

また、桜の満開時の混雑具合ですが、大石寺の駐車場が1,500台停められる為、混雑をしてもそれだけ車の出入りがあります。

そのため、他の桜の名所に比べれば比較的車は停めやすいです。

境内も非常に広いので、込み合う感じはありません。

国の重要文化財に指定されている五重塔ですが、残念ですが桜とは一緒に見る事はできません。

ですが五重塔だけでも、ありがたみを感じる、荘厳なつくりなので是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

また、お寺の境内の中でのお花見なのでそれなりの配慮も必要です。

最後に

大石寺の桜はどうでしたか?

見所をまとめると、

・枝垂れ桜
・三門や明鏡池周辺からの眺め
・国の重要文化財に指定された五重塔
・境内から見える富士山

私がこの大石寺を訪れたのは、友達とでした。

桜の花見は平日のみなので、花見客もほかの場所に比べると少な目で穴場スポットのような気がします。

また駐車場の出入りが頻繁で、すぐにはいる事ができました。

ただ、境内の中にはトイレがなにのでその点は少々不便なきもします。

境内はどちらかというと年配の方や女性が多く、御朱印手帳を片手に桜の花見をされていました。

やはり、お花見は境内の中なので、檀家いらっしゃっているので、それなりに配慮もしながらの見学になります。

また、観光地風のお寺ではなく無駄な物が一切ないお寺です。

その様子が、さらに富士山と境内と満開の桜を美しく引き立たせているなと感じます。

おすすめ記事

【2018年】静岡の桜名所ランキング!家族にオススメなお花見スポット7選!

2018.01.31