長島スパーランドプールキッズエリアで気を付けたい事とワクワクスポット3選!




ナガシマスパーランド ジャンボ海水プールには充実したキッズエリアがあることを知っていますか?

あれだけの大きなレジャー施設となると、小さい子はちょっと不向きかも?

と感じるかもですが、行ってみたら驚きです!

 

それは、小さな子でも楽しめる様々なエリアがあるということ!

 

しかも、危なくないから安心ですね。

ここでは、そんなナガシマスパーランドキッズエリアプールについてお伝えいします。

良かったら行かれる参考にしてくださいね。

最初に基本情報からチェックしていきましょう~♪

ナガシマスパーランド ジャンボ海水プール基本情報

🔶施設名:ナガシマスパーランド

🔶住所:〒511-1192 三重県 桑名市長島町浦安333番地

🔶営業期間
2018年7月1日~9月24日

🔶営業時間
9時30分~16時30分(曜日、時期により変動あり)

🔶料金
大人(中学生以上)3500円、子ども(小学生)2700円、幼児(2歳以上)1500円、遊園地にも入場可

🔶定休日
期間中無休

🔶プールの種類

・スライダー
あり/無料

・プールの種類
流れるプール/波のプール/子供用プール(幼児~低学年向け)/幼児用プール(乳児~幼児向け)/そのほかのプール:温泉プール、超巨大ウォーターアトラクションなど

🔶子供利用時の注意
子どもは保護者同伴(保護者も水着着用のこと)、ウォータースライダーは制限事項等あり、専用の遊泳用オムツ着用の乳幼児は子供用プールであれば遊泳可

🔶更衣室
ロッカー約1万台(大型700円、中型600円、小型400円、すべて100円返却式)

飲食物・ガラス製ゴーグル・クーラーボックスの持込み、テント、サンシェード類、飛込み、入れ墨やタトゥーなどのある場合の入場、ベビーカーは入口で預かり

🔶割引について
プール入場のみの割引はありません。

🔶地図

長島スパーランド ジャンボ海水プールってどんな所?子供のテンション上がる2つのスポット!

megumi ☆*さん(@__megumilk__)がシェアした投稿

キッズエリアに行く前に、その他の子供のテンション上げ上げのスポット2つの紹介です。

 

主役は子供!!ちびっ子大好きエリアを遊び尽くそう~♪

夏はプール!!

 

という事で、息子が小学校4年くらいまでは、必ず夏になると、一度は足を運んでいた「ナガシマスパーランド ジャンボ海水プール」。

中でも子供たちのテンションがすごく上がる、振り切るスポットなんですよ~♪。

1.ジャパーン!噴水エリア

anna sawanoさん(@anna1017xx)がシェアした投稿

 

名前通り、ジャパーン!と降り掛かる水!水!水!

 

anriさん(@_apricotpear_)がシェアした投稿

 

こういうの、本当に子供は大好き。

 

高さ約18mの約6階建てのビルに相当する日本初登場&世界最大級のスケールを誇る超大型複合ウォーターアトラクション 『ジャパーン』

 

引用元:ナガシマスパリゾート
http://www.nagashima-onsen.co.jp

公式HPの紹介文を引用してみました。

これで、どんな水しぶき具合か想像できるのでは?と思います。

プールに行くと、3つの巨大バケツがすぐに目に入ります。

約6トンの水が勢いよく流れ落ちてくるんです。
↓  ↓  ↓

「わー!!」「ひゃー!」言いながら、かぶりたくて仕方ないものです、息子たちは。

本当に連れて来て良かった!と言う笑顔で遊んでくれます。

だから、大好きなスポット。

他には、各所にはウォーターガンがあり、こちらも大人気。

水のカーテン、水が噴き出したりする驚きの仕掛けが沢山あり、私も一緒に遊びました。

2.マルチレーンスライダー

いぶきさん(@_ibustagram_)がシェアした投稿

26.8m×10レーンあるスライダーで兄弟で競争!!

とても楽しそうです。

隣にいる子はみんなライバル化してました(笑)

同時に十人スタート出来るスライダーはなかなか無いと思います。

 

身長制限あります。

105センチ以上です。

 

小さめ次男だけが、制限あった時は、やりたい!と大変でした。

並んでいても10人ずつ滑るので、予想よりは早く順番がきます。

続いて、長島スパーランド プール キッズエリアについてです。

こども専用室内プール スパキッズわくわく3選

引用元:楽天トラベル
https://travel.rakuten.co.jp

ナガシマスパーランドのプールには小さい子供向けの室内プールがあります。

室内だから、子供の日焼けの心配もいらないから嬉しい所!!

気を付けることは、小学3年までと制限があるということ!

また、保護者同伴が基本ですし、危ない場面が少ない所も安心で嬉しいプールです。

そちらでの思い出に残るわくわくスポットを3つ紹介します。

1.スライダーゾーン

chizuchizusaaanさん(@chizuchizusaaan)がシェアした投稿

3種類あるスライダーが大好きだった息子たち。

私も親子スライダーを楽しみました^^

3種類のスライダーとは?

・親子スライダー 3才~小3
(要保護者同伴) 保護者の方と同伴で滑る、浮き輪型のスライダーです。(3才以上)

・年長スライダー
3才~小3
(保護者同伴可)
3才以上のお子さんが滑ることのできる、ボディスライダーです。

・年少スライダー 2才~5才
(保護者不可。子供のみ利用できる。)
2才~5才までのお子さんがすべることのできる、ボディタイプの滑り台です。

2.アクアデッキエリア

噴水メインの公園の様なエリアです。

カラフルな色を使ったプール遊具からの様々な仕掛けが子供達をたのしませてくれました。

とても楽しげにしていた姿を思い出します。

3.おもちゃプール

タカさん(@super24ta)がシェアした投稿


名前通りのおもちゃ箱をプールにした様なエリア。

水が苦手でも思わず行きたくなるエリアです。

突然水が落ちている仕掛けもあるから要注意(笑)

長島スパーランド プールでの注意事項と混雑状況も!

かみえ せりなさん(@seri.seri_0723)がシェアした投稿


続いて、長島スパーランド プールでも注意点と混雑状況です。

こちらも良かったら行かれる前にチェックしてくださいね!

注意事項

飲食物・ガラス製ゴーグル・クーラーボックスの持込み、テント、サンシェード類、飛込み、入れ墨やタトゥーなどのある場合の入場、ベビーカーは入口で預かり

混雑状況

とにかく夏休みは混雑します。

特に混雑するのは、花火が上がる8月の土、日曜と、お盆時期。

混雑している8月の様子
↓  ↓  ↓

reynaさん(@r_reyna_a)がシェアした投稿

やはり花火が上がる日はすごく混み合って、最早泳いでる気すらしません。

混雑を避けたい人は、8月は避けた方が良いかもしれませんね。

最後に

夏休みが近いので、小さな子向きのオススメプールを紹介しました。

私は数回しか言ってませんが、かなり鮮明に覚えています。

私自身も楽しめたし、子供目線で楽しめるプールがかなり充実したプールばかりだからと思います。

今回はプールメインですが、隣接の遊園地・ちびっ子大好きアンパンマンミュージアム(どちらも別途料金要)があるので、プールの前に遊園地で楽しむも良し、後に楽しむも良し。

2018年夏は子供とおもいっきりプール遊びしてみませんか^^