OTODAMA(大阪府泉大津)2018!シャトルバスの混雑状況は?持ち物は?




フェス好きママ
OTODAMAがもう少し、いったい何を持っていたらいいのかしら?

2018年!今年もOTODAMAの時期がやってきました!

 

去年に引き続き、OTODAMAで今年もいっぱい笑いたい、いっぱいはしゃぎたい!

とにかく、音楽だけじゃなくてMCで笑ったと思うのがこのOTODAMAでした。

ここでは、そんなOTODAMAに初参戦するあなたに持ち物とシャトルバスについてお伝えします。

良かったらチェックしてくださいね。

スポンサードリンク

OTODAMA(大阪府泉大津)2018の基本情報

🔶イベント名:OTODAMA

🔶会場:大阪・泉大津フェニックス

🔶住所:大阪府泉大津市夕凪町

🔶日程:2018年9月8日開催

🔶時間:10:00 開場 / 11:30 開演

🔶チケット料金:6900円 中高生4000円

🔶出演アーティスト:
OKAMOTO’S、THE BAWDIES、CHAI、ハナレフジ、Yogee New Waves、レキシ他

🔶アクセス:泉大津駅からシャトルバス

🔶人出数:約2万人

🔶駐車場:後日発表

🔶問い合わせ先:清水音泉 06-6357-3666

🔶公式サイトはコチラ

🔶地図

OTODAMA(大阪府泉大津)2018!の見どころ

Satomiさん(@saa_too49)がシェアした投稿

清水音泉主催でロック、ポップアーティストを中心にコミックバンドや芸人、多彩な組み合わせのアーティストが登場するのが見どころ。

最近では1アーティストをフィーチャーしてテーマを決めたフェスにしており行く前からワクワクするフェスとなっている。

温泉にちなんだネーミングのもおもしろく、アーティスト主催じゃないのに親近感がわく、お笑い要素も多めなフェスです。

OTODAMAに行くならおすすめホテル3選

フェス好きママ
OTODAMAに行くならおすすめホテル3つの紹介です。
良かったらチェックしてくださいね♪

1.ホテルきららリゾート関空


引用元:じゃらん
https://www.jalan.net/
会場に一番近く、関空からシャトルバスありで飛行機利用者にもうれしい。

住所:大阪府泉大津市なぎさ町5-1
チェックイン15:00チェックアウト11:00


2.ホテルレイクアルスターアルザ泉大津


引用元:じゃらん
https://www.jalan.net/

泉大津駅直結で、行き帰りの利便性が高い

住所:大阪府泉大津市旭町18-5
チェックイン15:00チェックアウト11:00


3.大阪国際ユースホステル


引用元:じゃらん
https://www.jalan.net/
格安。グループや家族で泊まるのにも広くてよい。

住所:大阪府高石市羽衣公園丁(浜寺公園内)
チェックイン15:00チェックアウト10:00


OTODAMAへ行くときにの服装は?持ち物は?

フェス好きママ
野外フェスだからこそ、OTODAMAへ行くときにの服装ってどんなのがいいのかな?必要な持ち物は?

服装・持ち物

長時間の野外フェスだからこそ、あると便利!

又は体調管理に必要な持ち物があります。


・着替えのTシャツ2.3枚
・アームカバー・スポーツ用レギンス
・薄手のパーカー
・帽子
・タオル・バスタオル
・ビニール袋
・飲み物
・ボディポーチ
・レインコート
・レジャーシート
・クーラーボックス
・チケット
・お金

着替えのTシャツ2.3枚

いるだけで汗をかくので、着替えのTシャツ2.3枚

アームカバー・スポーツ用レギンス

日焼け対策でアームカバーやスポーツ用レギンスなど履いてる人が男女問わず多い。

薄手のパーカー

昼と夜では温度差があるのと、対策や日焼け防止に。

帽子

帽子は絶対必要です。

脱げにくいキャップやストローハットなどがベスト。

無駄に高さのある帽子や飾りがついたものは周りの迷惑となる。

タオル・バスタオル

常にもっておく長めのタオルは絶対。

休憩中に日差しよけになるバスタオルもあればいい。

ビニール袋

汚れた服を入れるビニール袋が必要です。

飲み物

飲み物は2L以上がおススメ!

水だけでなくミネラルが入ったポカリ、アクエリなど。

現地でも買えるが自販機はすぐ売り切れるし、物販はフェス価格(500ml、300円ほど)となる。

ポーチ

ズボンにジップ付きポケットがない場合はボディポーチがあると便利。

貴重品とペットボトル500mlが入ればよい

レインコート

天候が悪そうな時に持っていきます。

レジャーシート・クーラーボックス

長時間のため座れるレジャーシートと飲み物を冷やしておくクーラーボックス

チケット・お金

チケット、お金は当たり前ですが、お忘れなく!

OTODAMAの注意点とシャトルバスの混雑状況は?

おけいさん(@okei.han)がシェアした投稿

続いてOTODAMAに行くときの注意点とシャトルバス情報です。

注意点

昔より整備はされてきたものの、会場の砂埃がすごいのでタオルやサングラスがあるほうがよい。

まだまだ熱い時期となるので、灼熱の太陽の下で音に身を委ねてはしゃいでいると予想以上に体力が消耗している場合がある。

こまめな水分補給と適度に日陰で休む、冷却シートや濡れタオルで首元を冷やすなど暑さ対策が最後までフェスを楽しむ秘訣となる。

打って変わって夜は気温がぐっと下がり汗で体が冷えるので体温調整は気をつけたい。

シャトルバスの混雑状況

泉大津駅からシャトルバスに乗る人が大半なので開場1時間前にシャトルバス待ち列に並んで大体開場時間には入れるというのが一つの目安。

前週開催のラッシュボールに比べると混雑は少ない印象。

尚、シャトルバス券が必要なので注意が必要です。

シャトルバス2017年の様子

★泉大津往復券 700円 9:00~随時運行

★行き泉大津駅・帰り難波行き券 2000円 行き9:00~帰り21:00~随時運行

★行き泉大津駅・帰り梅田行券 2500円 行き9:00~帰り21:00~随時運行

★当日販売は泉大津往復券のみ

※前売り券は、湯仲間直売所、ローソン・ミニストップ、チケットぴあで販売

まとめ

いかがでしたか?
OTODAMAの見所をまとめると、

・多彩な出演者が見どころ
・音楽フェスだけど、笑い要素が多め!?
・毎回テーマの変わるフェス構成に注目

初めてオトダマに行った時、開会宣言にガリガリガリクソンやRGなど芸人が出てきてかなりびっくりしたのと音楽フェスにはない笑いが起きる空気感にハマりました。

そしてレキシ、キュウソネコカミ、四球星など音楽もMCもおもしろい出演アーティストで笑ったな?

と思って帰るフェスでした。

最近笑ってないと感じる人はオトダマがおすすめです!