【玲子からのプロポーズ!?】おカネの切れ目が恋のはじまり(原作)5話シナリオブックのネタバレと感想




今回は、おカネの切れ目恋の始まりシナリオブック5話になります。

おカネの切れ目が恋のはじまりのドラマを見て、原作も気になり、シナリオブックを購入した私です。

そして、このシナリオブックを読んで思ったのが4話からドラマとは全然違う内容だった!ということ。

前回の4話から今回5話の話。

 

なんと、衝撃だったのが玲子から慶太へのプロポーズ!

 

あの早乙女クリスに15年片思いをし、告白できなかった玲子が慶太にはあっさりとプロポーズ!?

そのギャップと玲子の意外な所が見れるこの5話です。

そして、自由を奪われる『結婚』自体を怖がっていた慶太だったが、この5話の最後には慶太らしいユニークなプロポーズを玲子にしています。

とにかく、シナリオブックを読んで良かった。と8話もあるうちのまだ、5話なのにそう思った話でした。

今回はそんな、5話について書いています。

良かったら読んでみてくださいね。

<おカネの切れ目が恋の始まり>
シナリオブック無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>e-bookjapan
※登録無料・継続課金なし

『おカネの切れ目が恋のはじまり(原作)』シナリオブック5話のネタバレ

5話は、『その人と未来を描けますか?』です。

野性本能で生きる慶太。

そして、玲子への気持ちに気が付かずに慶太だが、早乙女クリスと話して、『自分は玲子のことが好きなんだ』ということを確信します。

 

慶太は自分の気持ちに気が付くと、玲子に告白をしようとする。

 

しかし、玲子自身も慶太のことを好きになり、慶太が告白する前に玲子から告白します。

 

しかも…いきなりのプロポーズ!

 

付き合うをすっ飛ばしていきなり結婚!?

そんな、玲子にパニックになる慶太なのでした。

自由に…本能で…野性で生きている慶太。

結婚に縛られることを、どうしても受け入れられない。

しかし、玲子を好き。という自分自身の感情は事実であり、そこは認めていました。

玲子は今まで一人でいることが多く、自分のことは自分自身で決めてきました。

そういった傾向もあり、玲子は慶太と結婚する!と決めたら、慶太の答えも聞かずに、結婚することを決めていました。

そんな、少しズレた玲子と結婚を異常に怖がる慶太。

しかし、この5話の最後では慶太は玲子に正式にプロポーズをします。

慶太らしいユニークなプロポーズで…。

『おカネの切れ目が恋のはじまり(原作)』5話を読んだ感想

この5話の最後が本当に良くて、慶太のプロポーズに読んでいてホッコリ暖かい気持ちになりました。

真面目、しっかり者というイメージがあった玲子も実は人と少しズレている。

という所も良かったです。

慶太の父親が言う結婚に関しての価値観をバームクーヘンに例えた所も心にしっくりきました。

『おカネの切れ目が恋のはじまり(原作)』シナリオブックとドラマの比較!?

ドラマでは5話はありませんでしたが、それでも、ドラマ4話(最終回)とシナリオブック5話。

似ている場面はありました。

それは、慶太の両親が、九鬼家を訪れるシーンです。

内容は少し違いますが、もともとドラマでは8話まで放送予定だったのを4話にしたのだから、8話~5話を類似している所があってもおかしくありませんね。

この5話をドラマで見られたらどんなに興奮しただろう…。と心の中で何度も思いながらシナリオブックを読んでいました(笑)

 

それ位、心トキメク5話です(笑)

 

シナリオブックを読んでいるだけなのに、三浦春馬さん演じる猿渡慶太や松岡茉優さん演じる九鬼玲子が脳裏に浮かぶから不思議です。

もちろん、玲子にプロポーズするシーンも私の頭の中ではバッチリ三浦春馬さんと松岡茉優さんが幸せそうに笑っていました。

 

<おカネの切れ目が恋の始まり>
シナリオブック無料お試し読みはコチラ
↓   ↓   ↓
>>>e-bookjapan
※登録無料・継続課金なし

最後に

『おカネの切れ目が恋のはじまり(原作)』シナリオブック5話の内容を簡単にお伝えしました。

いかがだったでしょうか?

慶太らしいプロポーズを是非読んでもらいたい所です。

晴れて2人の気持ちが一致した所で、6話はどうなるのでしょか?

続きが気になる所ですね。

【玲子VS慶太ママ!?】おカネの切れ目が恋のはじまり(原作)6話シナリオブックのネタバレと感想

2020.10.28